妊娠検査薬の基礎知識

早期妊娠検査薬はいつから反応するの?海外製妊娠検査薬通販NAVI
妊娠検査薬の早期っていつから反応するの?

女性は妊娠すると、受精卵からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されて、尿からその反応を調べる事ができます。

hCGは受精から着床の時期である妊娠3~4週頃から分泌され始め、黄体ホルモンの分泌も増えていきます。黄体ホルモンが増えると妊娠が継続され易い体になり、妊娠の維持へ繋がっていきます。

妊娠検査薬は尿を採って、その尿中の成分からhCGの濃度を感知して妊娠しているかどうかを判別するものです。使用時に、「陽性反応」「陰性反応」という言葉を説明書で目にしますが、「陽性反応」とは妊娠の可能性がある事を意味し、「陰性反応」とは現段階での妊娠の可能性が無い事を意味します。

現在の妊娠検査薬は、製造販売している各社の日々の改良により99%の的中率になっておりますが、あくまで妊娠の可能性を示唆するものなので、陽性反応が出たときは速やかに産婦人科へ行く必要があります。

子宮外妊娠でも陽性反応が出ますので必ず病院で受診をしてください。また、陰性反応が出た場合もあくまで現段階での反応なので、その後も月経が始まらない場合は再度検査をするか産婦人科での診察をお薦めします。

妊娠初期はお腹の中で赤ちゃんの臓器が作られるとても大切な時期です。早く妊娠の可能性を知る事で、妊娠初期のトラブルを防ぐ事ができます。その他、子宮外妊娠や科学的流産(受精卵が子宮に着床したのに胚が成長できずに生理となって流れてしまう)の場合も陽性反応が出ます。確かな妊娠を知る上でも、「妊娠したかな?」と思ったら、先ずは妊娠検査薬を使って調べてみましょう。