不妊治療の「HCG注射」

早期妊娠検査薬はいつから反応するの?海外製妊娠検査薬通販NAVI
妊娠検査薬の早期っていつから反応するの?

不妊治療の為に使用される注射に「HCG注射」があります。

この注射は、排卵を促したり黄体機能不全を治療したりする為に使用されます。「HCG注射」は名前からも分かるように妊娠検査薬に反応するホルモン、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)を注射するので妊娠の可能性が無くても注射の時期によっては陽性反応が出ます。

注射の成分が無くなってから検査するのがベストなのですが、hCGが体内に注入されている量などでも一概に何日後から検査可能とは言えません。治療を担当されている医師と相談の上、使用されるのが望ましいでしょう。

妊娠を希望し不妊治療を受けながら赤ちゃんが授かるのを心待ちにして妊娠検査薬を使っている方はたくさんいます。その多くの方が自発的に行っている検査方法が、数回にわたって検査する方法です。

最初は薄く反応が出ていたものが、次の検査で濃く反応が出ると妊娠の可能性があります。反応が弱くなる(判定窓のラインが薄くなる)という事は、注射によって出ていたhCGの成分が無くなってきたという事ですが、反応が強くなるという事は妊娠が成立した事によってhCGが分泌され始めている可能性があります。