使用時期とフライング検査

早期妊娠検査薬はいつから反応するの?海外製妊娠検査薬通販NAVI
妊娠検査薬の早期っていつから反応するの?

妊娠検査薬に反応するホルモンhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の成分は、受精卵が子宮に着床してから分泌されていきます。最終月経が終わって2週間ほど経った排卵期に受精し、その後1週間ほどで着床するので、その頃からhCGの成分が妊娠検査薬に反応します。

この排卵期から着床までの期間は目安であり、個人差があるので一概に何日目とは言えません。そこで全ての人が確実に正確な結果を判定できるように、「妊娠検査薬は生理予定日の一週間後に検査してください」と記載されています。確実に妊娠の可能性を知りたい時は、生理予定日1週間後に検査しましょう。

尚、フライング検査とは妊娠検査薬の使用方法に記載されている検査に適している時期(生理予定日の一週間後)よりも早い生理予定日、或いは生理予定日3日前辺りで検査をする方法です。hCGの成分が尿中に分泌されるのは個人差がある為、早めに検査結果が分かる人もいます。

ただ、普通の妊娠検査薬を使ってフライング検査をしても、反応を見る事ができるのはごく少数で、ほとんどの人は後日改めて再検査をしているのが現状です。検査日を早めるには適した妊娠検査薬とそうでない検査薬があります。

ここで、早期妊娠検査薬をご紹介します。

早期妊娠検査薬は普通の妊娠検査薬に比べてhCGの成分を感知する感度が高く、普通の妊娠検査薬が反応する5分の1程度のhCG量でも感知することが可能です。普通の妊娠検査薬が生理予定日の1週間後に検査するのに対して、早期妊娠検査薬はそれよりも10日以上早い生理予定日6日前から検査が可能です。